「MARK IS 福岡ももち」吉松弥里さん(21)殺害事件 少年を再逮捕

福岡市の商業施設で21歳の女性が殺害された事件で、警察は、刃物を持っていたとして逮捕した15歳の少年を、女性を殺害した疑いで再逮捕しました。

再逮捕されたのは、福岡県内の更生保護施設に入所する15歳の少年です。

警察によりますと、少年は先月28日、福岡市中央区の商業施設「MARK IS 福岡ももち」のトイレで、福岡市南区のアルバイト、吉松弥里さん(21)を包丁で刺したり切りつけたりして殺害したとして、殺人の疑いが持たれています。

警察は当時、近くで血のついた包丁を持っていた少年を銃刀法違反の疑いで逮捕して、詳しい状況を捜査していました。

その結果、少年が施設内の店舗から2本の包丁を盗んだ疑いがあるほか、包丁についた血が女性の血液と一致したことが分かったということです。

警察によりますと、少年は調べに淡々と応じ、殺害した容疑について「間違いありません」などと認める供述をしているということです。

一方、遺族への謝罪のことばなどは、ないということです。

捜査関係者によりますと、少年は九州の少年院を退所して、先月26日に保護施設に入所しましたが、翌日には失踪したということです。

その翌日、28日に商業施設を訪れ、およそ1時間後に事件が起きたということで、警察は少年の足取りや詳しい動機などについて捜査しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です