茨城県で新たに新型コロナ 12人感染確認

茨城県内では14日、新たに12人の新型コロナウイルスの感染が確認されました。

このうち茨城県によりますと、鉾田市の60代の男性と50代の女性は、いずれも鉾田市役所に勤務していて、13日に感染が明らかになった横浜市の30代男性の親族だということです。

先月と今月上旬に横浜市の男性が帰省した際に、接触があり感染したものとみられています。

また、大洗町の40代の女性は、今月1日に感染が公表された50代の男性と同居している家族で、大洗町役場に勤めていますが先月30日の勤務を最後に自宅待機していたということです。

一方、水戸市によりますと常陸大宮市の80代の自営業の男性は、医師や患者の感染が確認されている、水戸済生会総合病院の入院患者だということです。

これまでに茨城県内で感染が確認された人は合わせて443人となりました。

このうち死亡した人は10人です。

一方、これまでに退院した人などは合わせて328人となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です