青森陸上自衛隊32歳の男、新幹線で刃物持って立てこもり銃刀法違反の疑いで逮捕

東北新幹線の車内で乗客が暴れたトラブルで、埼玉県警大宮署は9日、正当な理由なくはさみを所持していたとして銃刀法違反の疑いで、乗客の青森市浪館近野、陸上自衛隊青森駐屯地所属の自衛官の容疑者の男(32)を逮捕した。  逮捕容疑は同日午後0時55分ごろ、盛岡発東京行きの東北新幹線やまびこ52号で、刃の長さ約9センチのはさみ1本を携帯していた疑い。  同署によると、一緒に乗っていた上司が同容疑者に降車を促したところ、突然かばんの中からはさみを取り出し、トイレに立てこもったという。同容疑者は大宮駅で降車させられた。調べに対し「護身用で持っていた」と供述している。  同駐屯地は取材に対し、同容疑者の普段の勤務態度について「真面目で問題なかった」としつつ、健康面で優れないところがあったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です