ロシアのプーチン大統領新型コロナ ワクチンを正式に承認 自らも臨床試験に参加その結果を公表!安全性に疑問視!

ロシアのプーチン大統領は、国内で開発を進めてきた新型コロナウイルスのワクチンを政府として正式に承認したと明らかにしました。

世界に先駆けてワクチンの開発に成功したと誇示するねらいがあるとみられますが、欧米のみならず、ロシア国内の研究者からも安全性や有効性を疑問視する見方が出ています。

ロシアのプーチン大統領は11日、政府内の会議で新型コロナウイルスのワクチンについて「世界ではじめてけさ、ロシアでワクチンとして登録された」と述べ、モスクワの国立ガマレヤ疫学・微生物学研究所が開発を進めてきたワクチンを、新型コロナウイルスのワクチンとして正式に承認したと明らかにしました。

また、プーチン大統領は、みずからの娘も臨床試験に参加したとしたうえで「接種後は体温が38度に上がったが、翌日には37度を少し上回るぐらいになっただけだ。その後は順調だ」と述べ、大きな問題は生じなかったと強調しました。

そして「大量生産も近く始まると期待している」と述べ、ロシア国民を対象に大規模な接種を始めるほか、希望する国に提供する考えを示しました。

ロシアとしては、世界に先駆けて新型コロナウイルスのワクチンの開発に成功したと誇示するねらいがあるとみられますが、欧米のみならず、ロシア国内の研究者のグループからも臨床試験のデータが公開されていないなどとして、安全性や有効性を疑問視する見方が出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です