エンゼルス大谷、1年10か月ぶり実戦マウンドも大乱調

エンゼルスの大谷翔平投手(26)が7日(日本時間8日)、本拠地で行われた変則ルールの紅白戦に先発登板。2018年9月2日アストロズ戦以来、およそ1年10か月ぶりに実戦のマウンドへ帰ってきた。

大谷は初回、先頭バッターにストレートのフォアボールを許すが、続くシモンズに対してフルカウントから空振り三振に切って取る。

しかしその後は、制球が定まらず、ストライクが入ったのは全50球中15球、7つの四死球と大乱調。

それでも投げ切ったことに安堵の表情を浮かべた大谷は「球数をしっかり投げ終えたのは、良かったと思います。ブルペンと全然違うかなというのも感じますし、また3日後か4日後かわからないですけれど、そこまでにしっかりやりたいなと思います」とコメントした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です