オススメ!お酒を飲む方は必読!体がアルコールを分解する仕組み!

多くの人々が心配しているのは、飲んでいるアルコールがどれくらい長く体に残るかということです。体の大きさにもよりますが肝臓は1時間に30mlのアルコールを処理することができ、数時間は血液中で検出され、数日間は尿中に検出されます。

どのように体はアルコールを処理するのですか?

血中アルコール濃度の影響には、記憶障害、混乱、ろれつが回らない、吐き気などがあります。飲み込んだアルコールの約20%は、胃を介して血流に素早く吸収されます。

さらに約80%が小腸に吸収されます。

代謝されていない残りの部分は、汗、尿、唾液で体を離れます。

アルコールが血流に到達すると、肝臓で処理または代謝されます。

肝臓はアルコール分子を分解する酵素を生産します。酒を早く飲むと、肝臓はすべてのアルコールを同じ速度で処理することができないため、体内に残ります。一気飲みなどをすると急性アルコール中毒になるのは、処理しきれなくなるために起こります。自殺行為なので絶対にやめましょう。

人の血中アルコール濃度(BAC)が高いことで起こる身体の影響。

抑制抑制
記憶障害
スムーズな発言
混乱
集中困難
呼吸の問題
吐き気または嘔吐
バランスと調整の障害
過敏症

アルコールが処理されるスピードは何が影響しますか?

年齢

昼からお酒を飲む高齢者は特に注意が必要です。

高齢者では血流が悪くなる傾向にあるため、アルコールが体内に長く留まることがあります。高齢者ほど、アルコールが肝臓に長く留まります。

さらに高齢者は肝臓に影響を及ぼす薬を服用している可能性が高くなります。

歳を取ればとるほど血流が悪くなるのでお酒ののみすぎに注意です。

性別

すべての人に当てはまるわけではありませんが、アルコールは男性のものよりも女性のほうが体に残る傾向があります。これは、女性が男性よりも体脂肪率が高く、体水分率が低い傾向にあるためです。

食べ物

アルコールは消化管に吸収されるので、胃の中に食べ物が存在すると、アルコールの吸収速度に大きな影響を与えます。空腹で飲むと血中アルコール濃度が急激に高くなります。

人々の中には、アルコールを分解するのに必要な酵素が欠けている人もいます。これは、顔面紅潮、吐き気、めまい、急速な心拍数、および頭痛を含む反応を引き起こす可能性があります。飲めない人にお酒を飲ませてはいけないのです。

遺伝

海外での研究によると、アルコール障害またはアルコール依存症は家族内で蔓延する傾向があり、遺伝的関連性を示唆しています

研究は、遺伝的および環境的要因の両方が、アルコールの処理スピードに影響を与え得ることを示しています。

体の大きさ、体重

他の薬物や薬物と同様に、人の体格はアルコールの処理方法に影響を与える可能性があります。

軽い体重の人や体格が小さい人は体重が多い人や体格が大きい人よりも影響を受けます

まとめ

このような要因を踏まえて、お酒は飲める飲めないが人によってわかれて来ますので、飲めない人には絶対にお酒を進めてはいけません。是非皆さんも、自分の体の大きさ、年齢などをしっかりと把握し適量を飲むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です