健康に最適な7つのYOGAポーズ



ヨガのポーズにより深いリラクゼーションを続けることは、ストレスやストレス関連疾患(心臓病、肥満、うつ病、不安など)を緩和することが証明されています。

練習そのものは健康を守るのに役立ちますが、特定のヨガの姿勢は健康上の問題を標的にし、最終的に改善する可能性があります。

これがどのように機能するかをよりよく理解するために、ここでは7つの最高のヨガポーズに関連する健康上のリストがあります。

糖尿病のためのArdhmatsyendrasana(半脊髄ねじれ)

研究では、アサナアルダマッチェンドアサナを糖尿病患者を対象に20人が40日間にわたってヨガを実践しました。

インスリンレベルに正の変化があることがわかりました。

この運動は、膵臓におけるグルコースの代謝を増加させることがわかっています。

関節の健康のためのダンダサナ(手首屈曲)

64人の関節炎患者がヨガプログラムを受けた研究では、関節機能の有意な改善がみられました。そこで効果のあった姿勢の1つはダンダサナまたは手首屈曲と呼ばれます。

体の免疫システムのためのKurmasana(タータワーズのポーズ)

カメの姿勢は、免疫系のリンパ器官である胸腺を支えています。

ツイストヨガポーズは、特定の臓器を圧縮し、免疫システムを強化する臓器のマッサージと若返りを助けます。

Supta virasana(サポートリクライニングヒーローポーズ)

この姿勢は、下降運動するエネルギーを再調整し、ストレスから緊張した筋肉をリラックスさせるこ効果があります。
ヨガジャーナルによれば、ストレス解消に適しているとのことです

月経痛のためのBhujangasana(コブラポーズ)

2011年の研究によればヨガは月経の痛みの重症度を軽減することができます。

研究者は、若い女子グループを募集し、月経周期の間に、コブラの姿勢を含むヨガのポーズからどのような利益を得ているかどうかを調べました。

研究結果は、特にコブラのポーズが月経痛を緩和するための安全かつ効果的な方法かもしれないことを示唆しています。

心のためのSurya Namaskar(太陽礼拝)

Sun salutionsは、あなたの体の筋肉や臓器を伸ばすのに役立つ一連のポーズで、心臓の健康を改善する効果があると最近の研究では報告されています。

この研究では、科学者たちは、サンシーケンスを4つのシーケンスで実行した参加者の心拍数と酸素摂取量を測定しました。

科学者たちは、心臓を保護するのに最適だと述べています。

生殖機能改善のためのムラ・バンダ(根のロック)とシダササナ

Sidhasanaは男性では、テストステロンを制御し、ヘルニアを予防することができます。

この練習は、男性と女性の両方で性的健康を改善するのにも適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です