音楽が妊婦に与える影響

妊娠している体は普通の状態の人間よりもはるかに敏感です。

妊婦は強い匂いのある食べ物を前にするだけで、吐き気をもよおしたり、騒音などのストレスにも過敏に反応してしまいます。

新しい研究では、妊婦の体の健康に音楽の効果がより強いことを示しています。

ドイツのライプツィヒにあるマックスプランクの人間認知脳科学研究所の研究者は、音楽は正常な状態では血圧、鼓動、呼吸、さらには体温に影響を与えると語っています。

胎児の音楽への出生前調整を示唆している、と彼らは言います。

Medical News Todayは最近、ジャズミュージシャンの脳スキャンが言語と音楽の間の類似点を明らかにしたことを報告、脳がその構文領域を使用して、彼らの研究を行うために、トムフリッツ博士が率いる研究者は、女性の参加者に最大30秒の音楽シーケンスを演奏しました。

結果は、妊婦が楽しい音楽をより楽しく、不快な音楽をより不快なものとして評価したことを示しまし、さらに、音楽に対する血圧の反応は、妊婦にとってははるかに強いことがわかりました。

例えば、前方移動する不協調音楽は、妊婦の血圧の有意な低下を促したが、逆方向に動く不協和運動は、10秒後に血圧が高くなり、30秒後に血圧が低下しました。

HEALING STYLE 聞くだけで自律神経を整えるBGM 胎教に良い音楽

https://youtu.be/YiV2VEgBT2U

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です